キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

東京ドイツ村イルミに行った感想!混雑を回避する方法と裏道は?

      2016/01/08

関東三大イルミネーションの一つである東京ドイツ村に行ってきました。これまで平日の空いている時期にしか行ったことがなく、週末に訪れるのは初めてでしたが、予想以上の混雑ぶりに正直驚きました。

リアルな感想をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

東京ドイツ村に到着するまでの渋滞は1時間!

自分では「現地には15時までに到着しておくこと」と書いておきながら、家を出発するのが少し遅くなってしまったので、不安ななか出かけました。

イルミネーションを見る人出が一番多くなる12月の週末ということで、高速道路は車が多めでしたが、姉崎袖ヶ浦ICまでは順調に行けました。

姉崎袖ヶ浦に到着したのが16時30分。

渋滞情報で「姉崎袖ヶ浦出口渋滞中」と表示があったにも関わらず、出口付近は混雑していなくて、東京ドイツ村方面に曲がる信号待ちの車が数台いるくらいだったので、拍子抜けしたくらいです。

でも、車を走らせて数分。

やってきました、渋滞です。我が家も巻き込まれてしまいました。

やっぱり15時には到着しておくべき

といっても今更遅いので、とりあえず駐車場に入れるまで何分かかるのか気になったので、長い列に並んでみることにしました。

最初は、トロトロながらも少しずつ前に進んでいたので、意外と早く到着するのでは?なんて楽観的なことを考えましたが、次第に車の進みが遅くなって・・・

姉崎袖ヶ浦を出てから、現地に到着したのがなんと17:30でした。

約3キロの道のりを1時間もかかったことになります。空いていればたった5分の道のりです。インターを降りるころにはまだ明るかった空も、ドイツ村に到着するころにはすっかり真っ暗で、イルミネーションだけが暗闇に浮かび上がっていました。それはそれで気分も高揚してきますし、イルミネーションも綺麗でしたけれど。

帰りにドイツ村方面へ行く道路を見たら、高速出口付近から渋滞してました。閉園時間に間に合わないこともあるというのも納得です。

やはりドイツ村のイルミネーションを見るなら、

土日祝は15時には現地に到着!

が大切だとしみじみ思いました。

スポンサードリンク

東京ドイツ村の混雑状況は?

現地に到着して、2000円を支払って、駐車場を探します。

入口付近の駐車場はまだ余裕がありましたが、メイン会場まで非常に遠いんですよね。なので、前の車に続いて駐車できるスペースを探します。

一番盛り上がる時間なので全然空いていませんでしたが、時々ぽつぽつと駐車できるところもありました。混雑を避けるために早めに来て早めに帰る人も多いのでしょう。

出口付近の駐車場に停めると帰りも混雑に巻き込まれないのでおすすめなのですが、やっぱり遠い!

山のてっぺんあたりの観覧車周辺は駐車場の数も多いので、少し待っていたら意外と空くことがあります。

小さい子連れなどで、長い距離を歩きたくない場合はやはりイルミネーションのメイン会場近くに駐車するのが一番便利です。

そして、混雑時には臨時出口も3箇所設けられているので、退園するための渋滞への対策もしっかりととられています。延々と山道を下る感じなので、本当にこの道であっているの?と不安になるような帰路ですが、そこは大丈夫です。混雑している時期ですと、山からの下り道に渋滞ができていて、不思議な光景が見られます。大きい通りに出るところには係員も立っているので、割とスムーズに出られました。

東京ドイツ村のイルミネーションは毎年パワーアップしている印象です。スケールの大きさは群を抜いています。

おすすめなのが、丘陵の展望台から見るイルミネーションです。

今年のテーマである「おもちゃ箱」の世界が楽しめるので、必見です。

2015年の展望台からの様子はこちらです。イルミネーションの美しさは圧巻ですよ!

現地はとにかく混雑しているのですが敷地が広いので割とゆっくりとイルミネーションを楽しめます。

早く現地に到着したい場合は裏道を駆使!

高速を降りてからの渋滞に巻き込まれるのが嫌な場合は、裏道を駆使してみましょう。遠回りになりますが、何時間も渋滞に巻き込まれるよりはいいですよね。

ナビをチェックして、渋滞の列が長そうだと判断したら、ゴルフ練習場の手前の道を左に曲がって、出光興産(株)の横を通るルートで混雑を回避すると、だいぶ早く現地に到着できるでしょう。道が狭いので大きい車にはおすすめできませんので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

この時期はとにかく寒いので厚着をして、防寒対策はしっかりとしてくださいね!冬山に行くような恰好がおすすめです。それくらい寒いです。

関東三大イルミネーションの一つである、ドイツ村のイルミネーションををぜひ楽しんできてください。

>>>東京ドイツ村イルミネーション公式サイトはこちら

★千葉県の観光スポットはこちら【楽天たびノート】★

スポンサードリンク

 - イルミネーション