キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

七草粥は美容と健康に効果あり?栄養素とカロリーは?簡単な作り方は?

      2015/11/18

毎年、1月7日を迎えると
一年間の無病息災を願って
七草粥を食べますよね。

年末年始のごちそうで
疲れた胃腸の働きを整えて
くれることは、一般的には
知られていますが、

実は、ダイエットや美容にも
うれしい効果があるんです。

今回は七草粥の効果について
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

七草粥は美容と健康に効果あり?

七草粥とは

セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、
ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラ

の7つの野草をお粥にした食べ物です。

小学生のころ、必至に覚えた記憶があります。

これらの七草には、全体的に
ビタミン各種、カルシウム、
カロチン、鉄分などがバランスよく
含まれています。

七草を食べることで、体内の
新陳代謝を活発にしてくれます。

ダイエットとデトックスの
両方に効果があると言われるのは
そのためです。

健康だけでなく美容にも効果を
発揮してくれるなんてありがたい
話ですよね。

七草はクセがないものが多いので、
あまりぐつぐつと煮過ぎないで、
七草の風味を生かした調理をして
頂きましょう。

スポンサードリンク

七草の栄養素と効能は?

では、七草が持つ栄養素とその効能ついて
ご紹介しますね。

・セリ

 ビタミンA、B群、鉄分や
 カリウムが豊富です。
 目の充血やめまいを予防
 してくれます。

・ナズナ

 消化機能を整え利尿作用があるので、
 体のむくみがとれます。

・ゴギョウ

 胃腸などの内臓を健康にし、
 咳を沈める働きがあります。

・ハコベラ

 ミネラルが多く胃炎や胃弱に
 効果的です。

・ホトケノザ

 筋肉の痛みをやわらげ、
 高血圧にも効果があります。

・スズナ(かぶ)

 冷えによる腹痛を防ぎ
 風邪予防にも効果的です。

・スズシロ(大根)

 ジアスターゼ(アミラーゼ)が
 胃腸の働きを助けます。

七草は胃腸を整えるだけでなく、
様々なビタミンが含まれているので
不足しがちな栄養素を補ってくれます。

カリウムの効果で、体のむくみの
解消してくれるなど美容効果も期待
できます!

また、食べ物から得られる栄養素の
ほとんどは小腸で吸収されるため
腸を整えておかないと十分な代謝が
行なわれません。

七草を消化しやすいお粥でいただくということは、
ビタミンやミネラルなどの栄養素を
吸収するためにもとても重要なのです。

七草粥のカロリーと作り方は?

七草以外の具材を入れていない
シンプルな七草粥のカロリーは、

一人前 150キロカロリー

程度と、とても‎低カロリーでヘルシーな
食べ物です。

ごはん一膳は、約250キロカロリーなので、
ごはんをおかゆに置き換えるだけで
かなりのカロリーダウンになります。

おかゆは、少ないお米の量で
満腹感を得られるので、ダイエット中の
方でも気軽に食べられますよね。

では次に、簡単な七草粥の作り方を
ご紹介します。

お米からお鍋で炊くのは
時間と手間がかかるので、
炊いたお米からおかゆを
作るのが簡単でおすすめです。

七草粥の作り方
用意するもの:

  炊いたご飯
  七草セット
  塩少々

1.鍋にごはんとかぶるくらいの水、
  塩少々を入れ、火にかける

2.七草を洗って、細かく刻む

3.ごはんがふっくらとしてきたら
  七草を入れ、一煮立ちさせて完成!

私はいつも七草を軽く下茹でしてから
七草粥を作っていたのですが、
下茹でしなくても大丈夫なんだそうです。

下茹でなしのほうが、七草本来の
香りや食感が残って、良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

七草粥の時期には、
スーパーに七草セットが
売られますので、手軽に
作って食べることができます。

七草粥はとても体にいいですし、
昔からの風習を子どもたちに伝えて、
大切にしていきたいですね。

1月7日には、七草粥を食べて
ご家族全員の一年の健康を
みんなで祈りましょうね!

スポンサードリンク

 - 季節の行事