キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

正月太り解消!むくみにはカリウム?マッサージや運動は効果あり?

      2015/10/26

年末年始は、クリスマスに忘年会に新年会、
何かと外食やお酒を飲む機会が増えますよね。

楽しいイベントが終わってしまって、
年明けの出勤前日に

やばい、太ったかも・・・

と焦る方も多いのではないでしょうか。

そんな正月太りの原因から解消方法まで
ご紹介します。

スポンサードリンク

正月太りの原因は?

まず、正月太りと普通の肥満とは違います。

通常の肥満の原因は、
摂取するカロリーが消費量よりも多くなって、
体に脂肪がついていくことです。

それに対して、年末年始の数週間で
急におなか周りや太ももが太ったように感じる
正月太りには別の原因があるのです。

忘年会、新年会のお店では、お酒に合う味の濃い
食事が選ばれることが多いでしょう。

また、お正月料理は、おせちやお雑煮、煮物、練り物など、
通常の食事よりも塩分が多い料理が多いので、
塩分摂取が過剰になりがちです。

塩分の摂りすぎ
   ↓
喉が渇いて水分を多く摂取する
   ↓
「むくみ」が起きやすい

まさに、これが正月太りの正体なのです。

そして、さらに冷たい飲み物も正月太りを加速させます。

冷たい飲み物(お酒)を飲み過ぎると、
肝臓や腎臓に負担がかかります。

その結果、代謝が落ちて老廃物や水分が体に溜まって
「むくみ」につながります。

そして、運動不足もむくみの原因となります。
運動不足で血流やリンパの流れが悪くなり、
体の水分が滞ります。

正月太り解消に大切なことは、
むくみを取る食事や生活をすること!

短期間で増えた体重は、対策をしっかりすると
早く落ちます。

年末年始で増えてしまった分は、体に定着する前に
積極的に落としていきましょう。

スポンサードリンク

むくみ解消にはカリウム!

まずは、むくみを解消する食べ物から見ていきましょう。

塩分の排出を促す作用があるのは「カリウム」です。

体内の血液に含まれる塩分を、尿と一緒に体外へ
排泄してくれる、ありがたい栄養素です。

むくみの解消には、カリウムを多く含む食品を多く
摂取することが効果的です。

注意点ですが、カリウムは「水溶性」なので、
茹でたり炒めたりすると流れ出てしまいます。

スープやスムージーなどで、丸ごと摂取するのが
おすすめです。

料理をする時間がない場合は、市販の食塩不使用
野菜ジュースでも効果がありますので、
積極的に摂取してきましょう。

カリウムを多く含む食品
さつまいも   1個   450mg
枝豆      50g   350mg
納豆      1パック 330mg
春菊      50g   300mg
サトイモ    1個   300mg
じゃがいも   1個   230mg

アボガド    1個   1000mg
干し柿     1個   580mg
くり      100g   460mg
キウイフルーツ 1個   320mg
バナナ     1本   390mg
メロン     100g   340mg
ブロッコリー  50g   250mg
すいか     100g   120mg

カリウムは身近な野菜や果物に多く含まれているので、
手軽に食事で摂取することができる栄養素です。

毎日の献立を工夫して、カリウムを上手に摂取して
いきたいですね。

マッサージや運動は効果あり?

マッサージでもむくみを取っていきましょう。

特にむくみがちな足を中心にマッサージをするのが
おすすめです。

事前に入浴するかフットバスで足を温めておきます。

そして、マッサージの前に水を一杯飲みます。
すると、老廃物が流れやすくなります。

実際のマッサージの方法は動画でどうぞ。

適度に体を動かすこともむくみには効果的です。

主婦の方ですと、いつもより家事を一生懸命に
やるだけでもかなり違います。

家も綺麗になって、運動不足も解消されて
一石二鳥ですよ。

参考までに、自宅でもオフィスでも簡単にできる
足の運動をご紹介します。

椅子に座って簡単に出来る運動
・つま先の上げ下げ
・かかとの上げ下げ
・ひざを伸ばしてつま先の上げ下げとストレッチ
・足の指をグー、パーする
・足首をぐるぐる回す

まとめ

むくみが原因の正月太りは、生活に少し気を付けるだけで、
効果が見えやすいのが嬉しいですね。

マッサージも運動も、無理せずに続けていきたいです。

スポンサードリンク

 - 健康, 美容