キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

新型ノロウィルス!特徴は?感染経路と症状は?気をつけることは?

   

冬場に多く発生する「食中毒」。

ノロウィルスは、例年11月~1月に感染が広がるケースが
多くなっています。

今年は、早くも集団感染が発生している状況です。

ノロウィルスの発生と感染を防止するために
正しい知識と予防対策を理解しましょう。

今年のノロウィルスの特徴と、感染経路、症状と
気をつけることについてまとめてみました。

スポンサードリンク

新型ノロウィルスとは?

ノロウィルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年中発生しますが、
特に秋~冬の寒い時期に流行します。

手指や食品を介してウィルスに感染し、腸管でウィルスが増殖します。

今年特に注意が必要なのが、遺伝子が変異した
新型ノロウィルス」です。

新型ノロウィルスは、今年になってから検出されはじめました。

新型ですので、このノロウィルスに免疫を持つ人がいないため、
感染の拡大が懸念されています。

流行期の秋から冬にかけて患者が急増する恐れがあります。

抵抗力の弱い高齢者や子どもは、特に注意が必要です。

2006年、2012年にノロウィルスが大流行しましたが、
そのときのウィルスも当時新型といわれたノロウィルスでした。

スポンサードリンク

新型ノロウィルスの感染経路と症状は?

新型とはいえ、その感染経路や症状は従来のノロウィルスと
違いはありません。

感染経路は?

ノロウイルスの感染経路は基本的に経口感染ですが,
主に3つに分けることができます。

■食品媒介感染(食中毒)

• ウイルスに汚染された食品(カキ等の二枚貝)を
 生または十分に加熱しないで食べた

• ノロウイルスに感染している人が調理をして、
 手指等を介して食品や水を汚染してしまい、
 その汚染食品を食べた

■飛沫感染・塵埃感染

• ノロウイルスに感染している人の下痢便や嘔吐物が飛び散り、
 その飛沫(ノロウイルスを含んだ小さな水滴)が口から入る

• 嘔吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥してチリや
 ほこり(塵埃)となり、空気中を漂って口から入る

             
■接触感染

• 感染した人の糞便や嘔吐物に触てしまい、
 手指等を介してウイルスが口から入る

• 感染した人の手指等に付着したウイルスが
 ドアノブ等の環境を汚染し、それに接触した
 手指等を介してウイルスが口から入る

症状は?

ノロウイルスの潜伏期間は、24~48時間ほどです。

潜伏期間を経て、感染症や食中毒を発症します。

主な症状は、

・吐き気
・嘔吐
・下痢
・腹痛
・発熱は一般的に軽度(37℃~38℃)

特に、「突発的な吐き気や嘔吐」がノロウィルスの特徴的です。

通常ですと、これらの症状が1~2日続いた後、
治癒して後遺症は残りません。

感染しても、症状がでない場合や軽い風邪や悪寒、
吐き気や腹痛だけのような症状の場合もあります。

気をつけることは ?

高齢者や小さな子どもでは,嘔吐物による窒息や
誤嚥性肺炎により死亡する例がまれに認められています。

糞便中には,通常は1週間程度,長い場合はなんと1か月以上の
長期間に渡ってウイルスが排出されるのです。

そのため、糞便中のウイルスが手指に付着し、
ドアノブ等を汚染して、二次感染や集団感染の感染源と
なってしまいます。

ノロウイルスは口から取り込まなければ感染しません。

できるだけウイルスを口に入れない生活をしていくことが重要と
なってきます。

その生活環や感染経路をしっかりと理解して、
ノロウイルスを寄せ付けない生活を心がけましょう。

①帰宅時や食事の前、トイレの後は
 正しい手洗い・うがいを行う

②食品は十分に加熱する(85℃で1分以上)

③調理場や調理基部は消毒をしっかりと

まとめ

「新型ノロウィルス」という名前だけで恐ろしいですが、
気をつけることは従来のノロウィルスと変わりはありません。

感染力が非常に強いので、もし自分が感染してしまったら
周りにうつさないように気をつけましょう。

今年の冬はノロウィルスに感染しないよう
乗り切っていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 健康