キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

インフルエンザでも熱が出ない原因は?風邪との見分け方は?

      2015/10/14

インフルエンザが流行する時期になってきました。

インフルエンザのような症状があるけれど熱はない場合、
病院に行くべきか迷いますね。

熱のないインフルエンザの原因、単なる風邪との見分け方、
病院に行く時期についてまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザでも熱が出ない原因は?

熱が出ていなくても、念のために検査をしてみたら
実はインフルエンザだった、という話を聞きますよね。

どうしてそんなことが起きるのでしょうか。

考えられる原因は、以下の3つです。

 ①インフルエンザの予防接種を受けていたため、
  症状が抑えられている

 近年は、インフルエンザ予防接種を受ける人の割合も
 高くなってきているので、症状の軽いインフルエンザが
 多くなってきています。

 ②加齢による発熱力不足のため、熱が出ない

 熱が出ると考えられているインフルエンザも、
 成人の2割、そして高齢者の5割は「38度以上」まで
 熱が出ないのです。

 ウィルスと戦うために体が発熱するのですが、
 加齢によってその力が低下してきます。 

 ③解熱鎮痛成分を含む、市販の風邪薬を服用していて、
  一時的に熱が下がった状態になっている

 本来であれば発熱していたところ、初期症状から風邪と勘違いして
 風邪薬を飲んでしまった場合も、解熱鎮痛成分によって熱が下げられた
 状態になっています。

スポンサードリンク

熱がないインフルエンザと風邪との見分け方は?

突然の高熱が大きな特徴であるインフルエンザですが、
熱が出ないとなると、単なる風邪なのかインフルエンザなのかの
見極め方が難しくなってきます。

インフルエンザの主な症状を見てみましょう。

 □ 高熱
 □ 関節痛や筋肉痛
 □ 食欲不振
 □ 寒気や震え
 □ くしゃみ 鼻水
 □ 咳(出ない場合もある)
 □ 頭痛
 □ 倦怠感・疲労感

突然の高熱であれば、すぐさまインフルエンザを疑いますが、
高熱が出ない場合、ただの風邪だと思い込んでしまいがちです。

感染したことに気付かずに、マスクなどの対処をしないで
周囲の人に接すると、インフルエンザの菌を移してしまいます。

高熱が出ていなくとも、

・筋肉痛や関節痛の症状がある場合
・脈が速い場合
・周囲でインフルエンザが流行している場合

は、インフルエンザを疑った方が良いでしょう。

インフルエンザと風邪では、症状の出方が違ってきます。

インフルエンザ→高熱や関節痛などの全身症状が突然一気に出る

風邪→発病のタイミングがゆっくりで、咳や鼻水が徐々に悪化してくる

インフルエンザの場合は、風邪よりも全体的に症状が重いので、
いつもより風邪の症状が辛いと感じたら注意が必要です。

インフルエンザか風邪かを正しく見極めることは難しいので、
医療機関でしっかりと検査してもらいましょう。

検査のタイミングは?

インフルエンザにかかったかどうかの判断は、
ほとんどの医療機関が「迅速診断キット」を使って行っています。

これは、のどや鼻から摂取した粘液を調べ、ウイルスを検出するキットで、
だいたい15分以内に結果が出ます。

ただし、インフルエンザの感染初期でウィルスの数が少ない時期は
陽性反応が出ない場合があります。

インフルエンザ発症後12~24時間以上経過してからが正しい
検査結果が出ます。

抗インフルエンザ薬が有効なのは、症状が出てから48時間以内なので、
この時間の内に検査を受けましょう。

まとめ

インフルエンザに罹ってしまった場合は、周囲の人へ
移さないことが大切です。

特に小さな赤ちゃんや高齢者は重症化する場合があるので、
菌を家に持ち込まないことが大切になってきます。

熱がなくても、もしかして?と思うような症状が出ていたら
早めに医療機関を受診しましょう。

病院で他の病気をもらってこないように、マスクと
手洗いうがいは忘れずに行ってくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康