キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

胃痛がして吐き気もある原因 考えられる病気や自宅でできる対処法をご紹介

   

暴飲暴食やストレスなどで過酷な環境にある胃。胃痛や吐き気は辛いものですよね。元々胃が弱くて、日常的に胃痛がすることがよくある方でも、そこに吐き気などの症状が出た場合、もしかしたら何か大きな病気にかかっているかもしれません。

そこで今回は、胃痛と吐き気がある場合の原因や可能性がある病気、自宅でできる胃痛や吐き気の対処法などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

胃痛がして吐き気もある原因とは?

そもそも胃痛だけでなくそこに吐き気が伴う原因は何でしょう。

まず胃痛ですが、普段、胃粘膜が胃酸から胃を守ってくれています

暴飲暴食をした時などに胃痛を感じることがありますが、胃を酷使したことで負担がかかっている状態です。ストレスによって自律神経が乱れることが原因となることもあります。

食生活の変化や日頃のストレスが原因で胃粘膜を分泌する機能が弱まってしまい、胃酸が胃を攻撃するようになってしまいます。それが、胃の痛みとしてあらわれるのです。

また、吐き気は、普段食べ物を食べるとき食道が食べ物を胃へ送る動きをします。これが病気などの不調により、逆に送る動きをすることがあります。その結果、食べたものや胃酸が逆流し、これが吐き気としてあらわれるのです。

胃痛や吐き気を感じたときは無理に食事をするのはやめ、胃を休めてあげましょう。


スポンサードリンク

胃痛と吐き気から考えられる病気とは?

胃痛と吐き気が同時に起こる場合に考えられる病気についてご紹介していきます。

急性胃炎

突然の激しい胃痛や吐き気以外に、下痢や腹痛などの症状があった場合、まず急性胃炎を疑った方がよいでしょう。ストレスや過労、生活リズムの乱れなど多くの原因で起こる病気です。

逆流性食道炎

最近テレビなどでよく聞くようになった病気です。のどに酸っぱさを感じる場合疑った方がよいです。コーヒーやアルコールの飲みすぎ、身体の締め付けなどでも起こります。

虫垂炎

胃炎などに似た症状ですが、みぞおちやへその周辺に激痛を感じた場合疑うべき病気です。右の腹部にある虫垂ですが、痛みはお腹の中心部分に起こることが多いです。虫垂炎を放っておくと腹膜炎となり、生命にかかわる事態になることもありますし、緊急手術が必要になる場合もあります。いつもと違う腹痛を感じた場合は、我慢せずにすぐにお医者さんに診てもらってください。

ウィルス性胃腸炎

いわゆる、ノロウィルスやロタウィルスといったウィルスが原因となる胃腸炎でも、吐き気以外に胃痛や腹痛が起こることがあります。ウィルスを出し切ってしまえば症状は治まりますが、水分も取れないほど脱水症状が出ている場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

胃酸過多

仕事やプライベートで悩みがあったり忙しい場合に、人はストレスを感じます。ストレスがかかると、胃酸が増え、胃の粘膜を傷つけます。忙しいときこそ、軽いストレッチやウォーキングなど意識的に行うようにすると、ストレスの軽減となります。

胃潰瘍

出過ぎた胃酸が胃の粘膜や組織までもを溶かし、潰瘍ができている状態です。胃潰瘍はストレスが原因と思われることが多いですが、痛み止め薬の副作用でも起こることもあります。みぞおちあたりが痛んで吐き気がある場合は、胃潰瘍を疑ったほうがいいでしょう。

姿勢の悪さ

スマホのし過ぎで下ばかり向いていたり、背中を丸めた姿勢でのパソコン作業は、背中や肩だけでなく、胃にも負担がかかっています。首~腰の凝りが原因となる胃痛もあるので、背筋が丸まらないよう意識をすることが大切です。

吐き気を伴う胃痛で自宅でできる対処法とは?

胃痛や吐き気の症状が出た場合の対処法として、まずは本人が楽になる姿勢を取りましょう。

胃液の逆流を防ぐためできれば身体を起こした方が良いです。またベルトやシャツなどを可能な限りゆるめ、胃への圧迫を減らします。そしてお腹を温めるようにしましょう。

そして、食事を消化の良いものにしてください。このときの食事は量を半分にして6食に変えるなど、常に胃酸のPHを中和できるようにしてください。

思い当たる原因が暴飲暴食やストレスの場合は市販薬を飲んで様子をみるのもいいですが、長期間にわたる胃痛と吐き気が治まらない場合は、できるだけ早めに病院に行って診察してもらうのがいいでしょう。

まとめ

簡単な対処法などをご紹介しましたが、痛みや吐き気は身体が発してくれている危険信号です。一時的に楽になっても、高い頻度で起こるようであれば、すぐにお医者さんに診てもらってください。

スポンサードリンク

 - 健康