キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

母の日は妻にもプレゼントを贈ろう!喜ばれるものや選ぶときのポイントは?

      2016/04/25

175620

もうすぐ母の日。子どもからお母さんへの感謝を伝える日ですが、最近では夫から妻へ普段の感謝の気持ちを込めてプレゼントをすることも多くなってきました。

お子さんがまだ小さいご家庭の場合、夫が子どものサポート役となって妻へのプレゼントを企画してみるのはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

母の日に妻にもプレゼントをあげるべきか?

母の日は、自分を生んで育ててくれたお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。子どもたちがお花屋さんでカーネーションを選んでいる姿はほほえましいものですよね。

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、お母さんの似顔絵や折り紙で折ったカーネーションなどを母の日のプレゼントとして持ち帰るケースもありますが、近年では家庭の事情を考慮してイベントを取りやめる園も増えているそうです。

子どもが主体となって「お母さん」である妻へプレゼントをできない年齢の場合や通っている幼稚園や保育園、小学校などで母の日のプレゼントの用意をしない場合、夫は妻へプレゼントをあげたほうがいいのでしょうか?

ある調査によると、夫から母の日のプレゼントをもらいたいと思っている人は、6割近くいるという結果が出ています。しかし、実際にもらった経験がある人は2割にも満たないということで、母の日に何もしてもらえなくてがっかりしている妻は実は多いことがわかります。

期待していなかったときにもらえるプレゼントほど感激するものはありません。

小さな気遣いで家庭が円満に回るなら、こんなにいいことはありませんよね。特別高価なものを準備する必要はありません。今年の母の日はぜひ奥様へ何かプレゼントをすることをおすすめします


スポンサードリンク

母の日の妻へのプレゼントで喜ばれるものと選ぶポイントは?

母の日に妻へプレゼントを贈る場合におすすめのものはこちらです。

人気のスイーツ

母の日に気軽に贈ることができるのは「スイーツ」です。人気のスイーツにはあまり詳しくない場合は、インターネットでレビューを参考に注文するのも手軽でいいでしょう。

奥様がダイエット中の場合は、和菓子やお茶、コーヒーのセットなども喜ばれるギフトです。

フルーツ

さくらんぼが旬の時期は6月中旬頃ですが、母の日に合わせて、「ハウス加温栽培」されたさくらんぼが贈り物として人気です。造花のカーネーションと定型文のメッセージカード付きで、まさに母の日のプレゼントにピッタリですよね。

お花

母の日のプレゼントでお花は定番です。男性は、お花を渡せばどんな女性も喜ぶものだと思いがちですが、実はあまり喜ばない女性も多いのです。切り花のカーネーションは意外と長持ちしないですし、鉢植えは花が終わったら持て余すものです。

もしお花を贈る場合は、「プリザーブドフラワー」がおすすめです。

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な溶液につけ、保存加工し着色したお花のことです。生花のようなみずみずしさをもちながら、生花よりも長い期間飾って楽しむことができるので、忙しい奥様にはピッタリといえるでしょう。

>>>プリザーブドフラワーの記事はこちら

外食

実は外食が一番うれしかったりします。

平日の夕食の献立を考えるだけでも大変なのに、週末はそれを三食こなさなくてはいけません。買い物から片付けまでを考えると、食事を準備するのには結構な時間がかかっています。昼食や夕食の一食だけでも外食にしてくれるだけで、その負担はだいぶ軽減されるというもの。

自分で作ったもの以外の美味しい食事をできるのは、主婦にとってはちょっとした贅沢なのです。ぜひ母の日は外食をおすすめします。

一人の時間を作ってあげる

普段奥様は家事に育児、お仕事をされている場合はさらに忙しい毎日を過ごされていることでしょう。奥様に一人でホッとできる静かに過ごせる時間を作ってあげるのもおすすめです。

お子様を外に連れ出して遊びに行って、育児から解放してあげましょう。奥様一人の自由な時間を過ごせるのはとても贅沢なことです。美容院に行ったり、一人でカフェに行ったり友人とお茶をしたり、普段なかなかゆっくりできないことをする時間をもらえると喜ぶ奥様が多いでしょう。

感謝の気持ちを言葉で伝える

何か形のあるものをプレゼントするものいいですが、「いつもありがとう」という言葉だけは必ず伝えるようにしましょう。普段は恥ずかしくて感謝の気持ちを伝えていないご主人、年に一回母の日くらいは言葉にして奥様に伝えてあげてください。

口に出していうのがどうしても抵抗がある場合は、簡単なメッセージカードに一言書いてみるのはいかがでしょうか?直筆はちょっと苦手というときは、インターネットでプレゼントを注文すると、無料でメッセージカードをつけてくれるお店もありますよ。

まとめ

いかがでしたか?

母の日の妻へのプレゼントをして本当に喜んでもらえるのか不安になりますが、奥様のことを考えて選んだプレゼントだったらきっと喜んでもらえるでしょう。何よりうれしいのは高価なプレゼントよりも、「いつもありがとう」という感謝の言葉だったりします。

今年の母の日が奥様にとって素敵な一日となるよう、最高のプレゼントをしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

 - 母の日