キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

プラレール博東京の攻略法ご紹介 混雑を回避して楽しむ方法12選

      2016/04/22

pra1

毎年ゴールデンウィークに開催される「プラレール博」。大人から子供まで人気があり大変な混雑ぶりでも有名です。

そんなプラレール博をもっと楽しむ攻略方法をご紹介します。混雑を回避することでお子さんもパパママもイライラしないで楽しめますよ。

スポンサードリンク

プラレール博東京の基本情報と混雑状況は?

プラレール好きなお子様は興奮が止まらないイベントである「プラレール博」。混雑は覚悟で、ぜひ連れて行ってあげたですよね。

プラレール博東京2016の基本情報はこちらです。

日時:2016年5月3日(火)~5月8日(日)までの6日間
時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
会場:幕張メッセ 国際展示場 9・10ホール
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

ゴールデンウィークということもあり、毎年楽しみにしているファンの方やご家族連れが全国各地からたくさん訪れます。

どのくらい混雑しているかというと、時間帯によっては入場待ちの時間が発生します。10時過ぎごろから混雑し始め、人気アトラクションの待ち時間が1時間以上と、有名テーマパーク並みの混雑ぶりを見せることもあります。

待ち時間が長いと、お子さんはグズグズ、パパやママもイライラしていまうものですが、次にご紹介する混雑を回避する攻略法をぜひお試してください。せっかくのプラレール博を楽しい思い出にしてあげましょう。


スポンサードリンク

プラレール博東京の攻略方法12選をご紹介!

わざわざゴールデンウィークに混雑する場所に行くなんて・・・と思いがちですが、楽しみにしているお子さんのためにも今年のプラレール博にはぜひ連れて行ってあげたいですよね。例年参加している我が家の攻略法をご紹介します。

チケットは事前に購入

当日券は会場でも販売されていますが、長蛇の列に並ぶ必要があります。少しでも待ち時間を節約するためにも、入場チケットは事前に購入しておきましょう。

前売り券は100円安く購入できますし、セブンイレブンやローソンでの購入は、24時間できるのでおすすめです。

チケットの事前購入の方法はこちらの記事をご覧ください。

>>>プラレール博東京2016 前売り券購入方法やアクセス方法をチェック!

9時には現地に到着

9時半までには到着するようにと言われているプラレール博ですが、お車でも電車の場合でも現地に9時には到着しておくと安心です。過去のプラレール博では、開場の予定時間20~30分を早めたこともありますので、早く行っておくとラッキーなことがあるかもしれません。

10時過ぎ~午後になると、幕張メッセに行く車だけでなく周辺のイオン幕張新都心やコストコ渋滞にも巻き込まれる恐れがありますので、お車でお越しの場合はご注意ください。

閉場間際を狙う

閉場間際の1時間前が穴場の時間です。過去には閉場時間を延長したこともありますので、混雑している日によっては17時以降も遊べるかもしれません。15時半を過ぎるとお子さんたちも疲れてくる時間帯となり、多少混雑が解消されてきますのでこの時間帯を狙いましょう。

ただし、閉場までの時間が短いためお目当てのアトラクションで遊べなかったり、限定グッズが完売している可能性もあります。

平日を狙う

2015年の開催日程は「4月29日~5月6日の8日間」と開催期間が長かったのもあり、混雑する日は分散されました。

2016年の開催は「5月3日~5月8日の6日間」と昨年より2日も短くなっています。連休の間にある平日も1日しかありませんが、やはり空いている日を狙うなら、平日である5月6日(金)が一番のおすすめです。

大人は仕事によっては連休の合間である平日を休みにすることもできますが、幼稚園や小学校はお休みではありません。遊びのために休ませるなんて・・・という親御さんも多いので、可能であれば平日を狙うのがいいでしょう。

近隣の駐車場に車を停める

幕張メッセの駐車場は、5,500台収容可能ですが、大きなイベントの場合はすぐに満車になってしまいます。駐車場に入るための渋滞に巻き込まれると、イベント会場で遊ぶ時間が少なくなってしまいますし、お子さんがぐずったりする心配もありますよね。

朝一番に現地に到着できない場合には、近隣の駐車場に停めることも検討しておきましょう。公式サイトには、近隣の駐車場が掲載されています。

>>>幕張新都心周辺駐車場混雑情報こちら

・幕張新都心県営第一地下駐車場
・幕張新都心県営第二地下駐車場
・ワールドビジネスガーデン駐車場
・幕張海浜公園F駐車場
・幕張海浜公園D駐車場

上記の近隣駐車場以外では、イオン幕張新都心の駐車場がねらい目です。幕張メッセの国際展示場に一番近いグランドモールの駐車場は、朝6:00から駐車可能ですし、6時間まで駐車料金が無料になっています。帰りにお買い物もできますのでご家族連れには最適です。

連節バスに乗ってみたいお子さんの場合、少し距離はありますが幕張本郷駅周辺の駐車場に駐めて、京成の連節バスに乗って幕張メッセまで行くという選択肢も捨てがたいですね。

>>>タイムズ駐車場検索はこちら

アトラクションのチケットは最初に購入

会場に到着したら、まずチケット売り場でプレイチケット(11枚綴りで1000円)を購入しましょう。プレイチケットとは、有料で遊べるアトラクションでに使うチケットです。有料アトラクションと知らずに並んでしまうと、時間が無駄になってしまうばかりか、お子さんに悲しい思いをさせてしまうことになります。お目当てのアトラクションがある場合は、最初に購入しておくのがおすすめです。

イベント記念グッズは早めに購入

入場記念としてもらえるプラレールは、人気の北海道新幹線はやぶさの中間車両なので、車両セットを欲しがるお子さんも多いです。限定販売の先頭車両は早い時間で完売してしまう可能性が高いので、早めに見に行きましょう。

人気のアトラクションは早めの時間を狙う

プラレール博で人気のアトラクションはこちらです。

・プラレールつり(チケット5~6枚)
・乗ろうよ!大きなプラレール (チケット2枚)
・レッツゴートーマス(チケット2枚)
・プラレール組立工房 のりのりプラレール(チケット8枚)

時間帯によっては、1時間以上の待ち時間となることもあります。早い時間に入場した場合は、ジオラマなどを見る前にアトラクションに乗ってしまうことをおすすめします。チケットはパパかママのどちらかが購入する列に並び、お子さんともう片方がアトラクションに並んで待つのが時間のロスが少なくなります

ランチは持参するか近隣ののイオン幕張新都心やアウトレットモールへ

会場内にも食事ができる場所はありますが、メニューが限られる上にお昼時には大変混雑します。

どうしてもプラレール博ランチを食べたいという希望がない場合は、お昼ご飯をコンビニなどで購入して持参するか、近隣のイオン幕張新都心三井アウトレットパーク幕張へ行くのがおすすめです。

再入場も可能ですので、いったんお昼で会場の外に出て、混雑が収まった時間帯を見計らって会場に戻るパターンもいいでしょう。

ベビーカーは持参しよう

現地はベビーカーを預ける場所がありますので、お昼寝が必要なお子さんがいらっしゃる場合はベビーカーを持参されるのがいいでしょう。おまけでもらえるプラレールやお土産などで荷物が増えてしまったり、帰り道に疲れてお子さんが寝てしまったりしたときに重宝します。

混雑している会場は危険なので、ベビーカーは使用されずに抱っこ紐か歩かせるのがいいでしょう。

トイレの場所を確認しよう

会場に到着したら、まずトイレの場所を確認をお忘れなく。幕張メッセの国際展示場9・10ホールは、会場の左右にトイレがあり、会場の外にもトイレがあります。いざというときに慌てないためにも、最初にもらう案内図で確認しましょう。

>>>幕張メッセ国際展示場トイレの場所

迷子シールを付けよう

入口を入ってすぐの場所に、迷子シールを書くスペースがあります。会場は大変混雑していますので、小さなお子さんは迷子になるのが心配ですよね。特に好きなプラレールには目を輝かせて一目散に向かっていってしまうお子さんには必須アイテムといえます。書いておいて邪魔になるものではないので、念のため背中にペタっと貼っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

プラレール博でしか購入できないグッズもありますが、限定品以外のグッズは安売りの量販店の方が安いこともあります。買う商品を吟味してお土産を買うようにしましょうね。

また、幕張メッセは広い会場なので、日によっては意外と寒く感じることもあります。室内のイベントとは言え、外気温が低い日の会場は底冷えしています。上着を持っていくと安心ですよ。

では、楽しんできてください!

★幕張メッセ周辺の観光スポットはこちら【楽天たびノート】★

スポンサードリンク

 - イベント