キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

マイナンバーの基本!どんな制度?いつ何をする?何が変わるの?

      2015/10/14

2015年10月から、ひとりにひとつ付与される
「マイナンバー」。

新制度にむけて、押さえておきたいポイントを
整理しました。

マイナンバー制度について、基本的なことを
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

マイナンバーって何?

「マイナンバー」とは住民票をもとにして、
国民ひとりにひとつ割り当てられる
12桁の番号のことです。

2015年10月から通知が始まり、
2016年から利用が開始されます。

国内に住民票を持つ人(外国人を含む)
すべてに、通知カードが住民票の住所に
届きます。

これまで、行政機関ごとにバラバラだった
個人の情報をひとつの番号で管理できるように
なります。

マイナンバーで、同一人物かどうかが確認ができるよう
になり、番号は(一部の例外を除いて)生涯変わりません。

通知が届いたら、きちんと管理して、必要時に
いつでも分かるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

いつ何をすればいいのか?

マイナンバーの利用開始は「2016年1月」です。

年金、医療保険、福祉の給付、税金の手続きなどの際に
マイナンバーの記載が必要になります。

マイナンバーは貴重な個人情報なので、
自分が提供したマイナンバーが不正に使われて
いないか、気を付けましょう。

自分のマイナンバーの運用状況は、個人ごとの
ポータルサイト「マイナポータル」で確認が
できます。
(※2017年1月?運用開始)

2018年には、銀行預金口座との連動が利用者の任意で
開始されます。

また、医療分野の一部(予防接種の履歴など)での
利用も予定しています。

将来的には、公共料金の手続きや、
証券口座と連動して税務申告が可能になるなど、
民間企業と連携されていく予定です。

マイナンバーで何が変わるのか?

マイナンバーを導入する目的は、
日常生活をもっと便利に暮らしやすくすることです。

マイナンバー制度で正確な本人確定ができることによって、

正確な所得を把握し、公平公正な社会を実現
  →適正な課税、年金未払い、不正受給を防ぐ

行政の効率化
  →手続きが正確で早くなる、災害の被災者台帳作成

国民の利便性の向上
  →年金や福祉の申請で、必要な書類が減る

という変化(メリット)があります。

また、各世帯に送られる通知カードには「身分証明書」機能は
ないので、行政手続きの際には運転免許証の提示が必要です。

市区町村に申請することで、身分証明書としての機能を持ち
様々なサービスにも利用できる「個人番号カード」の交付を
無料で受けることができます。

個人番号カードはとても便利ですが、
無くさないよう取り扱いに注意が必要です。

まとめ

なんだかわかりにくい「マイナンバー」について、
制度の基本のおさらいをしてみました。

セキュリティがどうなっているかも気になりますので、
今後まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

 - 生活