キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

結婚式ご祝儀夫婦で出席時の金額の相場は?兄弟姉妹の式の場合は?

      2016/09/12

結婚式に出席する時に持参するご祝儀。自分の友人や同僚の結婚式の場合、だいたい相場は「3万円」か、年齢が若ければ「2万円」でも許されるかな、って思いつきます。

自分の兄弟姉妹の結婚式に出席する場合の相場っていくらくらいなのでしょうか?しかも、夫婦で一緒に出席する場合、いくら包めば失礼がないのでしょうか?子どもも出席する場合はどうするのでしょうか?

結婚式のご祝儀で夫婦で出席するケースについてまとめてみました。

兄弟・姉妹へのご祝儀はいつ渡すのか?

そもそも、兄弟・姉妹へのご祝儀は必要なのでしょうか?

兄弟・姉妹が結婚する場合、ご祝儀は渡すのが常識となっています。

結婚式に出席する時には、たいてい受付でご祝儀を渡してから結婚式や披露宴に参加します。

しかし、兄弟・姉妹の結婚式の場合は、招待主としてもてなす側となるので、受付でご祝儀を出すことはしません

ではいつ渡せばいいのか?

兄弟・姉妹の結婚式の場合、「結婚式前にお祝いを渡す」のが一般的です。結婚式の二週間前までには渡すようにしましょう。

新婚生活は何かと物入りですので、本人に希望を聞いて何か品物を贈るのもいいですね。

結婚式前にお祝いの品やご祝儀を渡している場合は、結婚式の受付で、

お祝いは渡しておりますので

と一言伝えて、芳名帳に記帳のみ行います。

新郎新婦の姉、または妹の立場で、すでに結婚をしていて、夫婦で参列する場合は、一般の参列者と同じように当日ご祝儀を受付で渡すのもOKです。

スポンサードリンク

夫婦で出席する場合のご祝儀の相場は?

夫婦で一緒に、兄弟・姉妹にご祝儀を渡すときには、どのくらいの金額をお渡しすればいいのでしょうか?

兄弟・姉妹へのご祝儀の相場としては、

10万円

が目安となっています。

自分たちの結婚式で、兄弟・姉妹からはどの程度のお祝いをしてもらったかもポイントになります。

相場である「10万円」以上の金額をもらっていた場合、渡す金額もそれと同等にする必要があります。

また、自分たちは事情があって結婚式を挙げていないしご祝儀ももらってないよ、という場合は、ご両親に相談して金額を決めるのが一番いいでしょう。

兄弟・姉妹といっても、それぞれが別の家庭を営む大人なので、よく話し合って妥当な金額を決めることが大切です。

子どもも一緒に出席する場合は?

夫婦二人の場合のご祝儀は「10万円」ですが、そこの子どもが加わったら、ご祝儀の金額はどう考えればいいのでしょうか?

子どもも結婚式や披露宴一緒に参加するときは、

ひとりに付き、「5000円~1万円」

が相場です。

ですので、食事を用意されている子どもがいる場合は、

10万円 + 子どもの分」の

ご祝儀を渡します。

ただし、中途半端な金額になる場合は、思い切って、キリのいい金額にするか、「 10万円 + 品物 」とするのもOKです。

ご家庭によって、ご祝儀についての考え方が違うので、ご両親にアドバイスを頂くのが一番です。

まとめ

いかがでしたか?

ご祝儀の金額の相場は気になるところですが、大切なのは、人生の門出を迎えた二人を祝福する気持ちです。

お金や贈り物で結婚する二人への気持ちが伝わるようなご祝儀になると、お互いに嬉しいですよね。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭