キラキラ情報館

〜生活に役立つ情報をもっと知りたい!〜

おたふく風邪の大人の症状で熱が出ないことも?治療や会社はいつから?

      2016/02/04

おたふく風邪は子どもがかかりやすい病気とされていますが、大人がかかると重症化する可能性もあります。

今回は、大人のおたふく風邪の症状や治療、出勤はいつからOKかなどについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

大人のおたふく風邪の症状とは?熱が出ないこともある?

子どもがかかる病気という印象が強いおたふく風邪ですが、大人になってからのほうが40度を超す高熱が出るなど症状が重かったり、合併症を引き起こして重症化する確率も高い病気なのです。

大人のおたふくかぜの場合でも、潜伏期間は2~3週間と、子供のおたふく風邪の潜伏期間と変わりはありません。症状も同じく、耳下腺腫れて痛みがあり、発熱することもあります。大人の場合抵抗力がある分、体内に入ってきたウィルスに対して激しく抵抗するので、子供よりも高熱が出たり、炎症がひどくなったりすることもあります。

大人のおたふく風邪の症状
・発熱(38℃から40℃以上のケースもあり)
・耳下腺の腫れ(大人の場合気づきにくいことも)
・肩こりや首のこり(初期症状)
・倦怠感
・咳や鼻水
・腹痛や嘔吐
・食欲低下

発熱などの症状は4日~1週間程度で治まってきますが、耳下腺の腫れがひど場合は、完全に治るまで4週間以上かかることもあります。そして、おたふくかぜが重篤化すると合併症の心配も出てきます。

大人のおたふく風邪で心配な合併症
・ムンプス難聴(1万~1万5千人に1人の割合)
・髄膜炎
・卵巣炎
・睾丸炎(20~35%)
・心筋炎
・膵炎
・腎炎
・肝炎

「大人になってからのおたふく風邪は重症化する」とよく聞きますが、酷い嘔吐や頭痛が特徴の髄膜炎や、意識喪失や痙攣を起こす脳炎、難聴や激しい腹痛と嘔吐の症状が出る膵炎などになる確率が高くなるなど、大人の場合は重症化しやすい傾向があります。

また、男性の場合は睾丸炎、女性の場合は卵巣炎になる可能性もあります。卵巣炎は不妊の原因になりませんが、睾丸炎になった場合は生殖機能にダメージを受ける場合もあります。おかしいと思ったらすぐに病院に行くことが何よりも重要です。

大人のおたふく風邪は重症化する可能性が高い一方で、熱が出ないケースもよくあります。約3割の人には熱が出ないこともあり、熱がなく耳下腺の腫れもあまり見られない場合や腫れたのが片方だけも場合は、おたふく風邪かどうかの判別が難しいこともあります。似た症状として揚げられる「耳下腺炎」の可能性も否定できません。おたふく風邪かどうかを判別するには血液検査が必要となり、結果が出るまでに一週間ほど時間がかかります。


スポンサードリンク

治療は何をする?

おたふく風邪に感染した疑いがあったら病院へ行きましょう。内科、もしくは耳鼻科を受診することをおすすめします。ただし、精巣炎や卵巣炎などの合併症の治療の場合は、泌尿科を受診するようにしましょう。

おたふく風邪の治療としては、「対症療法」を行なうのが一般的です。痛みや熱を和らげる解熱鎮痛剤の処方等が行なわれて、後は自宅で安静に過ごすようになります。発熱や嚥下痛があって脱水症状になりやすいので、充分な水分補給をする事が大切になってきます。

他に自宅でできる対処法はこちらになります。

・耳の下の耳下腺を冷やす
・水分をしっかり補給する
・症状が軽くなるまでお風呂は控える
・外出は腫れや熱がひくまで控える
・食事は流動食にして、酸味の強い物は避ける

お風呂に関しては、熱が下がったあとは基本的に入るのは禁止されてはいません。長風呂をしてからだが温まると耳下腺の腫れを悪化させる事があるので、短時間での入浴にしておくほうがいいでしょう。

会社はいつから出勤可能?

仕事を休めない事情があるのも理解できますが、それ以上に他人に迷惑をかけてしまう恐れがあります。おたふく風邪は感染力が非常に強いので、同僚だけでなく出勤途中の電車ですれ違う見ず知らずの人を感染させてしまう可能性も大いにあります。したがって、職場への安易な出勤は避けたほうがいいでしょう。おたふく風邪を発症している期間は、腫れが治まるまで仕事は休むのがマナーです。

逆の立場になって考えてみましょう。

もしおたふく風邪にまだ罹ったことがないとします。同僚の方がおたふく風邪の症状が出ているにも関わらず出勤してきたとしたら・・・。

大人がおたふく風邪に罹ると、不妊の原因となってしまう危険性があります。妊娠初期におたふく風邪に罹ると流産の危険性があります。大人は症状が軽く済むこともありますが、重症化して入院するケースも少なくありません。

子どもの場合、学校保健安全法で「耳下腺、顎下線または舌下線の腫脹が始まった後5日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで」出席停止となりますが、大人の場合は法律では出勤停止期間は定められていません。ですが、周囲に感染を拡大してしまったら取り返しのつかないことになってしまいますので、自宅で治療をするように努めた方がいいでしょう。

完治証明書が必要かは会社によって異なりますので確認をしましょう。会社によっては、おたふく風邪は法定感染性疾病ということで、欠勤扱いにならないということもあるようです。その場合は診断書も必要になるので、忘れずに病院で発行してもらいましょうね。

まとめ

おとながかかると重症化したり、入院の可能性もあるおたふく風邪。

おたふく風邪の経験がない場合は早めに予防接種という対策があります。これを機会に一度考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 健康